トルコのチャヴシュオール外務大臣「安全地帯設置に向けた米国の対応は形式的で満足行くものではない」(2019年9月10日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、首都アンカラでの記者会見で、米国とともにシリア北東部で設置を進めている「安全地帯」に関して、米国の対応を改めて非難した。

チャヴシュオール外務大臣は「トルコは米政権とともに行動したいと考えている。しかし、シリアの「安全地帯」にかかる米国の行動は今も満足いくものではなく、形式的なものにとどまっている。むしろ、トルコ政府がテロ組織に指定しているクルド人民防衛隊(YPG)との協力を強めている」と述べた。

AFP, September 10, 2019、ANHA, September 10, 2019、AP, September 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, September 10, 2019、Reuters, September 10, 2019、SANA, September 10, 2019、SOHR, September 10, 2019、UPI, September 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク