ハンガリー外務省は2020年からシリアとの関係を正常化すると発表(2019年9月11日)

ハンガリー外務省は2020年からシリアとの関係を正常化すると発表した。

ハンガリーは2011年に他の欧州連合(EU)諸国とともにシリアと国交を断絶していた。

AFP(9月11日付)によると、ハンガリー外務省は「来年(2020年)から、ハンガリーは外交官を派遣し、シリアへの定期的訪問を通じて、人道支援、領事業務を行う…。シリアを含む中東におけるキリスト教徒への人道支援を拡充するとともに、ハンガリーに留学するシリア人学生が奨学金を得て修学できるようにする」と発表した。

ハンガリー政府に近い消息筋によると、ハンガリー政府はキリスト教徒に対する支援の改善に向けてシリア政府と協議することを検討する一方、EU加盟諸国とシリアの関係改善のさきがけとなり、経済的機会を得ようとしているという。

AFP, September 11, 2019、ANHA, September 11, 2019、AP, September 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, September 11, 2019、Reuters, September 11, 2019、SANA, September 11, 2019、SOHR, September 11, 2019、UPI, September 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク