ポンペオ米国務長官「トルコのシリア北東部への侵攻に青信号は出していない」(2019年10月10日)

マイク・ポンペオ米国務長官は、BBC(10月9日付)のインタビューに応じ、そのなかで、米国はトルコのシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)に「青信号を出していない」と述べた。

ポンペオ国務長官は、米国がトルコによる侵攻を承認したのかとの問いに対して「青信号は題していない」としつつ、「トルコには正当な安全保障上の懸念があり…、ドナルド・トランプ米大統領は米軍兵士を危険に晒さないための決定を下した」と述べた。

また、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍へのトルコ軍の攻勢によって、ダーイシュ(イスラーム国)が勢力を回復する可能性については、これを拒否した。

AFP, October 10, 2019、ANHA, October 10, 2019、AP, October 10, 2019、BBC, October 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 10, 2019、Reuters, October 10, 2019、SANA, October 10, 2019、SOHR, October 10, 2019、UPI, October 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク