ハマー県北部にロシア軍が進駐、アル=カーイダ系のシャーム解放委員会と接触か?(2017年9月13日)

ハマー県では、クッルナー・シュラカー(9月13日付)によると、シリア政府支配下のタイバト・イマーム市など県北部地域にロシア軍部隊(憲兵隊)が進駐した。

これに関連して、シャーム自由人イスラーム運動に近いアイマン・ハールーシュ氏はテレグラムを通じて、イドリブ県を支配下に置くアル=カーイダ系のシャーム解放委員会が11日から、アブー・ダーラ村でロシア軍の使節団との折衝を行っていることを明らかにした。

AFP, September 13, 2017、ANHA, September 13, 2017、AP, September 13, 2017、ARA News, September 13, 2017、Champress, September 13, 2017、al-Hayat, September 14, 2017、Kull-na Shuraka’, September 13, 2017、al-Mada Press, September 13, 2017、Naharnet, September 13, 2017、NNA, September 13, 2017、Reuters, September 13, 2017、SANA, September 13, 2017、UPI, September 13, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク