シャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍など6組織はシリア政府支配下のダマスカス郊外県からの退去を拒否(2017年9月13日)

シリア政府支配下のダマスカス郊外県バイト・サフム市、ビビーラー市、ヤルダー市、ダマスカス県カダム区で活動を続ける反体制武装集団6組織は共同声明を出し、同地からの退去を求める一切の合意を拒否すると発表した。

退去を拒否したのは、アバービール軍、シャーム自由人イスラーム運動、使徒シャーム(旅団)、イスラーム軍、ダマスカス師団、アクナーフ・バイト・マクディス(大隊)。

Kull-na Shuraka’, September 13, 2017

AFP, September 13, 2017、ANHA, September 13, 2017、AP, September 13, 2017、ARA News, September 13, 2017、Champress, September 13, 2017、al-Hayat, September 14, 2017、Kull-na Shuraka’, September 13, 2017、al-Mada Press, September 13, 2017、Naharnet, September 13, 2017、NNA, September 13, 2017、Reuters, September 13, 2017、SANA, September 13, 2017、UPI, September 13, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク