南部戦線所属2組織はダーイシュ系のハーリド・ブン・ワリード軍メンバーに1ヶ月の猶予を与え、投降を呼びかける(2017年12月30日)

ダルアー県で活動する自由シリア軍南部戦線所属のナワー自由人師団と殉教者ジャミールアブー・ザイン師団は共同声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓い、県南西部のヤルムーク川河畔地帯を支配下に置くハーリド・ブン・ワリード軍のメンバーに対して、1ヶ月の猶予を与え、それまでに離反するよう呼びかけるとともに、離反すれば彼らとその家族の生命を保証すると表明した。

al-Durar al-Shamiya, December 31, 2017

AFP, December 31, 2017、ANHA, December 31, 2017、AP, December 31, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 31, 2017、al-Hayat, January 1, 2018、Reuters, December 31, 2017、SANA, December 31, 2017、UPI, December 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク