米主導の有志連合はダイル・ザウル県東部を爆撃し、民間人12人死亡、ダーイシュはYPG主体のシリア民主軍拠点に対して自爆攻撃を行い50人以上を殺傷(2017年12月31日)

ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月31日付)によると、米主導の有志連合が県南東部のスーサ町を爆撃し、民間人12人が死亡、数十人が負傷した。

**

ダイル・ザウル県では、ダーイシュ(イスラーム国)に近いアアマーク通信(12月31日付)によると、ダーイシュがハジーン市北西のバフラ村にある西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍の拠点に対して自爆攻撃を行い、50人以上を殺傷した。

AFP, December 31, 2017、ANHA, December 31, 2017、AP, December 31, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 31, 2017、al-Hayat, January 1, 2018、Reuters, December 31, 2017、SANA, December 31, 2017、UPI, December 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク