YPG主体のシリア民主軍はトルコ軍の攻撃で民間人180人とシリア民主軍98人が死亡、トルコ軍側の戦死者数は862人と発表、トルコ軍も兵士31人が死亡したことを認める(2018年2月12日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍の広報センターは、トルコ軍が「オリーブの枝」作戦を開始した1月20日から2月12日までの被害状況を発表した。

それによると、民間人死者数は180人、負傷者数は413人にのぼり、シリア民主軍戦死者数は98人、トルコ軍およびその支援を受ける反体制武装集団戦闘員死者数は862人に達するという。

また、トルコ軍による爆撃は668回、砲撃は2,645回におよび、シリア民主軍とトルコ軍および反体制武装集団戦闘は500回以上発生しているという。

シリア民主軍が撃墜したトルコ軍航空機は2機(コブラ戦闘ヘリコプター、シコルスキー輸送機)、撃破した戦車などの車輌は51輌におよぶという。

**

一方、トルコ軍参謀本部は同じ期間で、トルコ軍兵士31人が死亡、143人が負傷する一方、テロリスト1,369人を無力化(うち103人を殺害)したと発表した。

AFP, February 12, 2018、ANHA, February 12, 2018、AP, February 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 12, 2018、al-Hayat, February 13, 2018、Reuters, February 12, 2018、SANA, February 12, 2018、UPI, February 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク