トルコのエルドアン大統領「今晩中にアフリーン市陥落、、、ではなく包囲を希望する」(2018年3月14日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、アレッポ県北西部で続行中の「オリーブの枝」作戦に関して、「今晩にでもアフリーン市の中心部を陥落させることを希望する」と述べた。

だが、その後、大統領府は声明を出し、「大統領は、今晩にでもアフリーン市の中心部を包囲することを希望しているのであって、陥落を希望していない」と訂正した。

ロイター(3月14日付)、ドゥラル・シャーミーヤ(3月14日付)などが伝えた。

al-Durar al-Shamiya, March 14, 2018

AFP, March 14, 2018、ANHA, March 14, 2018、AP, March 14, 2018、al-Durar al-Shamiya, March 14, 2018、al-Hayat, March 15, 2018、Reuters, March 14, 2018、SANA, March 14, 2018、UPI, March 14, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク