シリア軍は米英仏によるシリア攻撃が行われるなかダマスカス郊外県東グータ地方全域を完全制圧したと発表(2018年4月14日)

シリア軍武装部隊総司令部は声明を出し、米英仏によるシリア攻撃が行われるなか、シリア軍部隊がダマスカス郊外県東グータ地方で爆発物の撤去作業を完了し、同地全域を完全解放したと発表した。

**

SANA(4月14日付)によると、完全制圧が宣言された東グータ地方最大の都市であるドゥーマー市に、内務治安部隊が展開した。

SANA, April 14, 2018

AFP, April 14, 2018、ANHA, April 14, 2018、AP, April 14, 2018、al-Durar al-Shamiya, April 14, 2018、al-Hayat, April 15, 2018、Reuters, April 14, 2018、SANA, April 14, 2018、UPI, April 14, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク