シリア国民連合とムウタスィム旅団の仲介で、ダマスカス郊外県で対立を続けてきたイスラーム軍とラフマーン軍団が和解(2018年5月11日)

シリア革命反体制国民連立傘下の暫定内閣はフェイスブックのアカウント(https://www.facebook.com/syriaig/)を通じて声明を出し、アレッポ県北部でムウタスィム旅団とともに、イスラーム軍とラフマーン軍団の幹部の会合を仲介、両者を和解させたと発表した。

会合には、暫定内閣のジャワード・アブー・ハトブ首班、シリア革命反体制国民連立のムハンマド・シャマーリー准将らが出席し、仲介にあたったという。

al-Durar al-Shamiya, May 12, 2018

AFP, May 12, 2018、ANHA, May 12, 2018、AP, May 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, May 12, 2018、al-Hayat, May 13, 2018、Reuters, May 12, 2018、SANA, May 12, 2018、UPI, May 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク