米主導の有志連合はハサカ県タッル・シャーイル村を爆撃し、住民10人あまりを殺害(2018年6月12日)

ハサカ県では、SANA(6月12日付)、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合が県南東部のタッル・シャーイル村を爆撃し、住民12人を殺害、2人を負傷させた。

なお、シリア人権監視団によると、死者は子供3人を含む民間人10人。

AFP, June 12, 2018、ANHA, June 12, 2018、AP, June 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, June 12, 2018、al-Hayat, June 13, 2018、Reuters, June 12, 2018、SANA, June 12, 2018、UPI, June 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク