大統領府はアスマー・アフラス大統領夫人が悪性腫瘍の治療を開始したと発表(2018年8月8日)

大統領府は、フェイスブックの公式アカウント(https://www.facebook.com/SyrianPresidency/)を通じて、アスマー・アフラス大統領夫人(43歳)が悪性腫瘍の治療を始めたと発表した。

公式アカウントは「力強く、そして信頼と信用のなか…アスマー・アサド夫人は最近発見された悪性腫瘍の初期治療を開始した。シリア・アラブ大統領府およびスタッフ一同、アスマー夫人の一刻も早い回復を願っています」発表、「私は、持ち堪える力、力強さ、そして困難に立ち向かうことを世界に知らしめたこの国民の1人です…。私の決意は、過去数年にわたるあなた方の決意と平常心から来ているのです」との夫人の談話を掲載するとともに、首都ダマスカスにある軍事病院で夫人が治療を受ける写真を公開した。

 

Facebook, August 8, 2018

Facebook, August 8, 2018

AFP, August 8, 2018、ANHA, August 8, 2018、AP, August 8, 2018、al-Durar al-Shamiya, August 8, 2018、al-Hayat, August 9, 2018、Reuters, August 8, 2018、SANA, August 8, 2018、UPI, August 8, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク