レバノンのアウン大統領「パレスチナ難民であれ、シリア難民であれ、帰化に向けたいかなる計画も拒否する」(2018年9月26日)

レバノンのミシェル・アウン大統領は、ニューヨークの国連本部で開催中の第73回国連総会の一般討論で演説を行った。

アウン大統領は演説のなかでシリア情勢について言及し、「我々は(パレスチナ)難民であれ、(シリア)避難民であれ、帰化に向けたいかなる計画をもカテゴリーとして拒否する」と述べた。

Naharnet, September 26, 2018

AFP, September 26, 2018、ANHA, September 26, 2018、AP, September 26, 2018、al-Durar al-Shamiya, September 26, 2018、al-Hayat, September 27, 2018、Reuters, September 26, 2018、SANA, September 26, 2018、UPI, September 26, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き パーマリンク