ミクダード外務在外居住者副大臣「シリア政府は、ヤルムーク・キャンプへのパレスチナ人の帰宅に何らの制約も設けない」(2018年11月6日)

パレスチナ解放通信(WAFA、11月6日付)は、シリアのファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣が、ダマスカス県のヤルムーク・パレスチナ難民キャンプの処遇に関して、パレスチナ諸派に対して難民帰還を認める旨正式決定したことを伝えたと報じた。

ミクダード外務在外居住者服大臣は「シリア政府は、ヤルムーク・キャンプへのパレスチナ人の帰宅に何らの制約も設けない。難民全員の帰宅を調整する計画もある」と述べたという。

al-Durar al-Shamiya, November 6, 2018

AFP, November 6, 2018、ANHA, November 6, 2018、AP, November 6, 2018、al-Durar al-Shamiya, November 6, 2018、al-Hayat, November 7, 2018、Reuters, November 6, 2018、SANA, November 6, 2018、UPI, November 6, 2018、WAFA, November 6, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク