ダーイシュはYPG主導の民主軍メンバー10人を焼き殺す、シリア民主軍も報復としてダーイシュ・メンバー10人を処刑(2018年11月10日)

「ラッカは沈黙のうちに惨殺される」(11月10日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がラッカ県の住民10人を焼き殺したことへの報復として、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍は、ラッカ県出身のダーイシュ・メンバー10人を処刑した。

ダーイシュが焼き殺した10人のほとんどは、ラッカ市東のカラーマ村出身で、シリア民主軍に徴兵されたが、ダーイシュに捕捉されていた。

AFP, November 10, 2018、ANHA, November 10, 2018、AP, November 10, 2018、al-Durar al-Shamiya, November 10, 2018、al-Hayat, November 10, 2018、Raqqa-sl, November 10, 2018、Reuters, November 10, 2018、SANA, November 10, 2018、UPI, November 10, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク