東部自由人連合はユーフラテス川以東解放に向けた戦いをマンビジュ市で開始したと発表、トルコの支援を受ける国民軍、シャーム軍団はこれを否定(2018年12月25日)

アレッポ県北部で活動する東部自由人連合のアブー・ハーティム・シャクラー司令官はツイッター(https://twitter.com/abohateem15/)で「PKK(クルディスタン労働者党)とPYD(民主統一党)の悪党どもの支配下にあるユーフラテス川東岸を解放する戦いが始まった。マンビジュ市から始まった」と綴った。

**

しかし、国民軍の参謀委員会報道官を務めるユースフ・ハンムード少佐は、ドゥラル・シャーミーヤ(12月25日付)に対して、「マンビジュの戦いの開始は近いが、まだ始まっていない」と述べ、作戦開始を否定した。

また、シャーム軍団幹部のシャリーア学者ウマル・フザイファ氏も、テレグラムのアカウントで、作戦開始を否定した。

AFP, December 25, 2018、ANHA, December 25, 2018、AP, December 25, 2018、al-Durar al-Shamiya, December 25, 2018、al-Hayat, December 26, 2018、Reuters, December 25, 2018、SANA, December 25, 2018、UPI, December 25, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク