シャーム解放機構によってイドリブ県の自治を委託された救国内閣は「解放区」の大学のカリキュラムを統一することを決定(2019年1月13日)

シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構にイドリブ県を中心とする「解放区」の自治と福祉を委託された救国内閣の最高教育評議会のマジュディー・フスニー議長は決定第216号を発し、「解放区」における民営の大学のカリキュラムを統一することを決定したことを明らかにした。

救国内閣は2011年11月にイドリブ県バーブ・ハワー国境通行所で、「解放区」の自治を担うとして樹立が宣言され、ムハンマド・シャイフ氏が首班を務める。

al-Durar al-Shamiya, January 13, 2019

AFP, January 13, 2019、ANHA, January 13, 2019、AP, January 13, 2019、al-Durar al-Shamiya, January 13, 2019、al-Hayat, January 14, 2019、Reuters, January 13, 2019、SANA, January 13, 2019、UPI, January 13, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク