トルコ移民管理局は不法入局社の自発的帰国を支援する仕組みを構築すると発表(2019年6月19日)

トルコの内務省移民管理局は、トルコへの不法入国者の自発的帰国を支援する仕組みを構築すると発表した。

移民管理局の発表は、アブドゥッラ・アヤズ移民管理局長、ハトゥン・デミレル外務省領事局長、TIKA(トルコ協力調整機構)のラフマン・ヌルドゥン総裁、トルコ赤新月社のイブラヒム・アルタン代表が出席したLOI(予備的合意書)調印式に合わせて行われ、不法入国を阻止し、違法入国者の自発的帰国を促すこと、そして人権を重視したアプローチを通じて彼らをトルコ社会に統合することが目的だという。

トゥルク・プレス(6月19日付)が伝えた。 なお、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)によると、2019年1月3日現在のトルコでのシリア難民登録数は360万6737人。

AFP, June 19, 2019、ANHA, June 19, 2019、AP, June 19, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 19, 2019、al-Hayat, June 19, 2019、Reuters, June 19, 2019、SANA, June 19, 2019、SOHR, June 19, 2019、Turk Press, June 19, 2019、UPI, June 19, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.