アサド大統領はアフラム・モスク(ダマスカス)でイード・アル=アドハーの集団礼拝に参加(2019年8月11日)

アサド大統領は、首都ダマスカス県ムハージリーン区にあるアフラム・モスクを訪れ、イスラーム教の犠牲祭(イード・アル=アドハー)の集団礼拝を行った。

集団礼拝には、ムハンマド・アブドゥッサッタール宗教関係大臣、共和国ムフティーのアフマド・バトルッディーン・ハッスーン師、政府閣僚、人民議会議員、バアス党幹部らも参加した。

SANA(8月11日付)が伝えた。

AFP, August 11, 2019、ANHA, August 11, 2019、AP, August 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 11, 2019、Reuters, August 11, 2019、SANA, August 11, 2019、SOHR, August 11, 2019、UPI, August 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク