シリアのアル=カーイダに自治を委託されているシリア救国内閣は増加する国内避難民を保護する措置を決定、収容キャンプを増設(2019年8月18日)

イドリブ県を中心とする反体制派支配地域(緊張緩和地帯第1ゾーン)における軍事・治安権限を握るシリアのアル=カーイダことシャーム解放機構に自治を委託されているシリア救国内閣(ファウワーズ・ハラール首班)は緊急会合を開催し、シリア・ロシア軍の攻撃で増加を続ける国内避難民(IDPs)を保護するための一連の決定を下した。

シャーム解放機構に近いイバー・ネット(8月18日付)が伝えた。

シリア救国内閣が決定したのは、IDPsの発生に便乗した家賃の値上げを規制する措置、賃貸契約の契約破棄や立ち退きを規制する措置。

シリア救国内閣はまた、これと合わせてトルコとの国境に近い複数カ所に、1,000世帯を収容できるIDPsのための新たなセンターを開設した。

AFP, August 18, 2019、ANHA, August 18, 2019、AP, August 18, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 18, 2019、Reuters, August 18, 2019、SANA, August 18, 2019、SOHR, August 18, 2019、UPI, August 18, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.