ヒズブッラーのナスルッラー書記長「今後もイスラエルのあらゆる敵対行為に対抗する」(2019年8月25日)

レバノンのヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、レバノン東部の無人地帯でのシャームの民のヌスラ戦線(シャーム解放機構)やダーイシュ(イスラーム国)の掃討完了から2年が経ったのを記念して、マナール・チャンネルを通じてテレビ演説を行い、そのなかで首都ベイルート郊外のダーヒヤ地区にイスラエル軍の無人航空機(ドローン)2機が侵入し、ヒズブッラーに撃破されたことに言及、今後もイスラエルのあらゆる敵対行為に対抗すると表明した。

ナスルッラー書記長は、ドローンの飛来に関して「非常に重大」な事件だったとしたうえで、「(1機目のドローンは)低空で旋回し、標的の画像を提供しようとしていたが、墜落し、機体は我々のもとにある。メディアに公開するつもりだ。またその後、爆発物を積載した自爆攻撃型の2機目のドローンが飛来したが、ダーヒヤ地区の某所で爆発した」ことを明らかにした。

そのうえで「イスラエルの攻撃に沈黙すべきでない…。主権を侵害しているだけでなく、爆破、自爆作戦、殺戮を行うこうしたドローンを…我々はこれからは撃墜する…。私は占領国イスラエルの軍に言おう。1日、2日、3日、4日と我々の報復を待つがよい。入植者どもに言おう。ベンジャミン・ネタニヤフは、あらゆるところから浴びせられる砲火のなかにお前達を追いやるだろう。砲かはイラク、シリア、レバノンから撃ち込まれる。お前達を奈落の底に導き、突き落とすだろう」と述べた。


一方、24日にイスラエル軍戦闘機がダマスカス郊外県アクラバー町一帯に対して行ったミサイル攻撃に関して、「イスラエルの爆撃はヒズブッラーの拠点を狙ったもので、イランのゴドス軍団の拠点ではない。ネタニヤフは自らを勇敢で大胆な国民的英雄に見せようとしているが、自国民を欺いている」と述べた。

また、「シリアで標的となった場所には、ヒズブッラーに所属するレバノンの若者しかいなかった。そのうちの2人が殺された。私は世界に次の約束を改めて思い起こさせたい。イスラエルがシリアで我が国同胞を一人でも殺害したら、我々はレバノンで報復する。それはシャブアー農場ではない」と付言した。

このほか、シリア情勢については「シリアは最終勝利に向かっている。イドリブ県、そしてユーフラテス川東部はシリアの国家に復帰するだろう」と述べた。

AFP, August 25, 2019、ANHA, August 25, 2019、AP, August 25, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 25, 2019、Qanat al-Manar, August 25, 2019、Reuters, August 25, 2019、SANA, August 25, 2019、SOHR, August 25, 2019、UPI, August 25, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き パーマリンク