最高憲法評議会は「国家評議会法」の一部条項が違憲にあたるとの審査を下す(2019年11月7日)

最高憲法評議会(最高司法評議会)は、アサド大統領から違憲審査を付託されていた「国家評議会法」に関して一部条項が違憲にあたるとの審査を下した。

「国家評議会法」は131条からなり、現在施行されている法令と現法(2012年施行)の齟齬を是正し、司法機関への国民の信頼を向上させることを目的としている。

SANA(11月7日付)が伝えた。

AFP, November 7, 2019、ANHA, November 7, 2019、AP, November 7, 2019、al-Durar al-Shamiya, November 7, 2019、Reuters, November 7, 2019、SANA, November 7, 2019、SOHR, November 7, 2019、UPI, November 7, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク