イスラーム軍は捕虜多数を釈放、その見返りにシリア政府はダマスカス郊外県東グータ地方から重篤患者27人を受け入れる(2017年12月26日)

シリア赤新月社は声明を出し、ボランティア・チームが、ダマスカス郊外県東グータ地方に入り、重篤患者の搬送作業を行った。

SANA(12月26日付)が伝えた。

一方、イスラーム軍は声明を出し、アサド政権との合意に基づき、捕虜多数を釈放、その見返りとして、シリア赤新月社が東グータ地方から重篤患者29人を搬出したと発表した。

 

al-Durar al-Shamiiya, December 26, 2017

al-Durar al-Shamiiya, December 26, 2017

al-Durar al-Shamiiya, December 26, 2017

AFP, December 26, 2017、ANHA, December 26, 2017、AP, December 26, 2017、ARA News, December 26, 2017、Champress, December 26, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 26, 2017、al-Hayat, December 26, 2017、al-Mada Press, December 26, 2017、Naharnet, December 26, 2017、NNA, December 26, 2017、Reuters, December 26, 2017、SANA, December 26, 2017、UPI, December 26, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク