ロジャヴァ支配下のアレッポ県マンビジュ市で爆破テロが発生、民間人多数が死傷(2018年1月10日)

ANHA(1月10日付)によると、西クルディスタン移行期民政局が実効支配するアレッポ県マンビジュ市の内務治安部隊広報センターは、同市で爆弾が仕掛けられた車が爆発し、民間人1人が死亡、多数が負傷したと発表した。

内務治安部隊広報センターは声明で、事件を「民間人を標的としたテロ行為」と非難した。

実行犯は今のところ不明。

一方、ドゥラル・シャーミーヤ(1月10日付)は、爆発が車とオートバイに仕掛けられた爆弾によるもので、民間人7人が死亡、10人以上が負傷したと伝えた。

al-Durar al-Shamiya, January 10, 2018

AFP, January 10, 2018、ANHA, January 10, 2018、AP, January 10, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 10, 2018、al-Hayat, January 11, 2018、Reuters, January 10, 2018、SANA, January 10, 2018、UPI, January 10, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク