ロジャヴァ傘下のラッカ市文民評議会幹部が何者かによって暗殺(2018年1月11日)

ラッカ県では、ANHA(1月11日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会の共同議長局前メンバーでラッカ市文民評議会建設委員会議長を務めるイブラーヒーム・ハサン氏が、タッル・アブヤド市近郊のハマーム・トゥルクマーン村で何者かに襲われ死亡した。

ANHA, January 11, 2017

AFP, January 11, 2018、ANHA, January 11, 2018、AP, January 11, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 11, 2018、al-Hayat, January 12, 2018、Reuters, January 11, 2018、SANA, January 11, 2018、UPI, January 11, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク