アレッポ県でシャーム解放機構の司令官暗殺(2018年1月26日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(1月26日付)によると、シャーム解放機構の司令官の一人アティーヤトッラーが、県西部のカフルカラミーン村で何者かに襲撃され、死亡した。

al-Durar al-Shamiya, January 26, 2018

また、シリア人権監視団によると、シリア軍およびロシア軍の戦闘機が県南東部を爆撃した。

爆撃は、サラーキブ市、タッル・マドリーフ村、タッル・スルターン村、マアスラーン村、ブルナーン村、フーラーン村、アーフィス村で行われたほか、アブー・ズフール航空基地南部を爆撃した。

AFP, January 26, 2018、ANHA, January 26, 2018、AP, January 26, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 26, 2018、al-Hayat, January 27, 2018、Reuters, January 26, 2018、SANA, January 26, 2018、UPI, January 26, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク