ロジャヴァ(アフリーン地域)は声明でシリア政府に対し、アフリーン市において主権にかかる義務を実行し、国境をトルコ占領軍から防衛するよう呼びかける(2018年1月26日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)アフリーン地域の公式サイト(http://cantonafrin.com/ar/)は声明を出し、シリア政府に対して「アフリーン市(アレッポ県)において主権にかかる義務を実行し、対トルコ国境をトルコ占領軍から防衛」するよう呼びかけた。

また、西クルディスタン移行期民政局アフリーン地区の執行評議会共同議長を務めるウスマーン・シャイフ・イーサー氏は、「シリア国家が真の愛国的姿勢をとるのなら…、この攻撃(トルコ軍によるアレッポ県アフリーン市一帯への攻撃)を止め、トルコ軍航空機の飛来を認めないと言うべきだ」と述べた。

AFP, January 26, 2018、ANHA, January 26, 2018、AP, January 26, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 26, 2018、al-Hayat, January 27, 2018、Reuters, January 26, 2018、SANA, January 26, 2018、UPI, January 26, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク