米主導の有志連合はダイル・ザウル県東部でダーイシュの攻撃直後にYPG主体のシリア民主軍を誤爆(2018年2月11日)

ダイル・ザウル県では、ユーフラテス・ポスト(2月12日付)によると、米主導の有志連合が県南東部のユーフラテス川左岸(ブーカマール砂漠)で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍の拠点複数カ所を誤爆した。

誤爆は、ダーイシュ(イスラーム国)が同地への攻撃を行った直後に発生した。

なお、ダーイシュは、ハジーン市、シャアファ村、ムーハサン市、バーグーズ村、そしてバフラ村の大部分を除くユーフラテス川東岸地帯を支配下に置いているという。

AFP, February 12, 2018、ANHA, February 12, 2018、AP, February 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 12, 2018、Euphrates Post, February 12, 2018、al-Hayat, February 13, 2018、Reuters, February 12, 2018、SANA, February 12, 2018、UPI, February 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク