イドリブ県でアル=カーイダ系のシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団とダーイシュの戦闘続く(2018年2月12日)

イドリブ県では、シャーム解放委員会に近いイバー通信(2月12日付)、ドゥラル・シャーミーヤ(2月12日付)によると、シャーム解放委員会などからなる反体制武装集団がダーイシュ(イスラーム国)とウンム・ハラーヒール村で交戦し、戦闘員4人を殺害、また「侵略者撃退」作戦司令室は多数を捕捉した。

また、シリア人権監視団によると、戦闘はフワイン村、ザルズール村一帯でも行われた。

AFP, February 12, 2018、ANHA, February 12, 2018、AP, February 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 12, 2018、al-Hayat, February 13, 2018、Reuters, February 12, 2018、SANA, February 12, 2018、UPI, February 12, 2018、Wikalat al-Iba’ al-Ikhbariya, February 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク