反体制武装集団包囲下のフーア市・カファルヤー町(イドリブ県)から重篤患者ら11人がシリア政府支配地域に搬送(2018年2月20日)

SANA(2月20日付)によると、シャーム解放機構などからなる反体制武装集団の包囲を受けているフーア市とカファルヤー町から重篤患者5人を含む11人がシリア赤新月社によって搬出され、ハマー県に到着した。

11人はラタキア県の病院で治療を受ける予定だという。

SANA, February 20, 2018

AFP, February 20, 2018、ANHA, February 20, 2018、AP, February 20, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 20, 2018、al-Hayat, February 21, 2018、Reuters, February 20, 2018、SANA, February 20, 2018、UPI, February 20, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク