トルコ軍がロジャヴァ支配下のマーバーター村近郊を砲撃し、住民1人死亡(2018年2月20日)

アレッポ県では、ANHA(2月20日付)によると、トルコ軍がマーバーター村近郊のサユーヤー村を砲撃し、住民1人が死亡した。

また、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍広報センターによると、トルコ軍はアフリーン市、シーヤ(シャイフ・ハディード)村近郊のハイカジー村、マルワーニーヤ村、サンナーラ村、アーンカラ村、シャッラー村近郊のアルカー村、マティーナー村、イクダーマ村、アラブ・ワイラーン村、シームシャク村、ダイル・サワーン村、ラージュー町機能のフーブカー村、マーバーター(マアバトリー)町近郊のハッブー村、ブルブル町近郊のウーガー村、カスタル・ジューラーカー村、カスタル・ジャドリヤー村、カスタル・シャルキヤー村、バーヒジャー村を爆撃・砲撃、反体制武装集団とともにシリア民主軍と交戦した。

**

ANHA(2月20日付)によると、マイダーニカ村でトルコ軍によるアフリーン市一帯への侵攻に反対するデモが行われ、住民多数が参加した。

ANHA, February 20, 2018

AFP, February 20, 2018、ANHA, February 20, 2018、AP, February 20, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 20, 2018、al-Hayat, February 21, 2018、Reuters, February 20, 2018、SANA, February 20, 2018、UPI, February 20, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク