新生シリア解放戦線がアレッポ県でシャーム解放機構の拠点を襲撃(2018年2月20日)

アレッポ県では、シャーム解放機構に近いイバー通信(2月20日付)によると、18日にシャーム自由人イスラーム運動とヌールッディーン・ザンキー運動が完全統合し、新たに結成されたシリア解放戦線がアレッポ市西部郊外のシャーム解放機構拠点(ブユーティー地区、マフムード検問所)を攻撃した。

**

また、この襲撃を受け、シャーム解放機構との戦闘を拒否するムサンナー大隊(ヌールッディーン・ザンキー運動所属)がシリア解放戦線からの離反を発表した。

al-Durar al-Shamiya, February 20, 2018

AFP, February 20, 2018、ANHA, February 20, 2018、AP, February 20, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 20, 2018、al-Hayat, February 21, 2018、Reuters, February 20, 2018、SANA, February 20, 2018、UPI, February 20, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク