レバノンで避難生活を送ってきたシリア難民がダマスカス郊外県カラムーン地方への帰還を開始(2018年6月28日)

ダマスカス郊外県では、SANA(6月28日付)によると、レバノンのベカーア県バールベック郡アルサール村近郊のナーディー・フマイイド難民キャンプに身を寄せていたシリア人約450人が、ザムラーニー通行所を通じてカラムーン地方に帰還した。

SA NA, June 28, 2018

ナハールネット(6月28日付)によると、6万1,000人が避難生活を送っているとされる。

AFP, June 28, 2018、ANHA, June 28, 2018、AP, June 28, 2018、al-Durar al-Shamiya, June 28, 2018、al-Hayat, June 29, 2018、Naharnet, June 28, 2018、Reuters, June 28, 2018、SANA, June 28, 2018、UPI, June 28, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き パーマリンク