トルコ軍はタッル・アブヤド市郊外の学校とカーミシュリー市近郊に発砲、子供1人が負傷(2018年9月20日)

ラッカ県では、ANHA(9月20日付)によると、トルコ軍国境警備隊がタッル・アブヤド市の西方にあるスーサク村の学校に向けて発砲した。

この学校は9月19日に開校したばかり。

トルコ軍はまた、タッル・アブヤド市に面する国境地帯に部隊を増強した。

**

ハサカ県では、ANHA(9月20日付)によると、トルコ軍がカーミシュリー市近郊のハッラーブ・クールト村に向けて発砲し、子供1人が負傷した。

**

アレッポ県では、ANHA(9月20日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)が、トルコの実質占領下にあるアフリーン郡ジャンディールス村とシーヤ(シャイフ・ハディード)村で、反体制武装集団に対する特殊作戦を敢行し、戦闘員4人を殺害した。

AFP, September 20, 2018、ANHA, September 20, 2018、AP, September 20, 2018、al-Durar al-Shamiya, September 20, 2018、al-Hayat, September 21, 2018、Reuters, September 20, 2018、SANA, September 20, 2018、UPI, September 20, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク