トルコ占領下のアフリーン市でイスラーム軍と東部自由人連合のメンバーどうしが激しく交戦(2018年11月6日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月6日付)によると、トルコの実質占領下にあるアフリーン市で、ダマスカス郊外県東グータ地方から退去したイスラーム軍のメンバーと、東部自由人連合のメンバーが激しく交戦、同地の憲兵が介入し、両者を引き離した。

この戦闘で、東部自由人連合のメンバー1人が死亡、住民1人が巻き添えとなって負傷した。

その後、東部自由人連合とイスラーム軍は共同声明を出し、組織として戦闘が発生したことを承知していなかったと釈明、戦闘に参加した双方のメンバーは軍事法廷で裁かれると発表した。

al-Durar al-Shamiya, November 6, 2018

AFP, November 6, 2018、ANHA, November 6, 2018、AP, November 6, 2018、al-Durar al-Shamiya, November 6, 2018、al-Hayat, November 7, 2018、Reuters, November 6, 2018、SANA, November 6, 2018、UPI, November 6, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク