トルコ占領下のアフリーン市(アレッポ県)で東部自由人連合のメンバーとイスラーム軍のメンバーの戦闘が続く(2018年11月7日)

アレッポ県では、ANHA(11月7日付)によると、トルコの実質占領下にあるアフリーン市で、東部自由人連合のメンバーとイスラーム軍のメンバーの戦闘が続いた。

戦闘は工業地区、カーワー交差点一帯、中心街で激しく行われ、双方のメンバー少なくとも14人が死亡、多数が負傷した。

市内では厳戒態勢が敷かれ、商店などが閉店を余儀なくされるとともに、ラージュー町、カスタル・カスタル・ジンドゥー村に至る幹線道路が閉鎖された。

戦闘は、オリーブの収穫の分け前をめぐる対立がきっかけだという。

AFP, November 7, 2018、ANHA, November 7, 2018、AP, November 7, 2018、al-Durar al-Shamiya, November 7, 2018、al-Hayat, November 8, 2018、Reuters, November 7, 2018、SANA, November 7, 2018、UPI, November 7, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク