トルコの支援を受ける反体制武装集団がマンビジュ市(アレッポ県)北東で住民に発砲(2018年11月10日)

アレッポ県では、ANHA(11月10日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)支配地域とトルコの実質占領地域が接するマンビジュ市北東のハムラーン村で、オリーブの実を収穫していた住民がトルコの支援を受ける反体制武装集団の発砲を受けた。

**

ラッカ県では、ANHA(11月10日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)の支配下にあるスルーク町で、爆弾が爆発した。

ANHA, November 10, 2018

AFP, November 10, 2018、ANHA, November 10, 2018、AP, November 10, 2018、al-Durar al-Shamiya, November 10, 2018、al-Hayat, November 10, 2018、Reuters, November 10, 2018、SANA, November 10, 2018、UPI, November 10, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク