イドリブ県西部でトルコの庇護を受ける国民解放戦線に所属するアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動とシリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が交戦(2018年12月4日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月4日付)によると、トルコの庇護を受ける国民解放戦線に所属するアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動と、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が3日晩から、県西部ジスル・シュグール市近郊のルージュ平原一帯で交戦を開始した。

戦闘は、シャーム自由人イスラーム運動が、シャーム解放機構の合意を得ずにルージュ平原のジャドラーヤー村に拠点を設置したことを受けたもの。

al-Durar al-Shamiya, December 4, 2018

AFP, December 4, 2018、ANHA, December 4, 2018、AP, December 4, 2018、al-Durar al-Shamiya, December 4, 2018、al-Hayat, December 5, 2018、Reuters, December 4, 2018、SANA, December 4, 2018、UPI, December 4, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク