シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構はシリア政府の工作員を処刑(2018年12月4日)

イドリブ県では、シャーム解放機構に近いイバー・ネット(12月4日付)が、イドリブ市で爆弾を仕掛けた車を爆発させた事件に関与していたというシリア政府の工作員をシャーム解放機構が処刑したと発表、処刑される前に撮影されたこの工作員の映像を公開した。

同サイトによると、処刑されたのは、ムハンマド・シハーダを名のる男性。

公開された映像のなかで、2017年半ばにイドリブ市マジュド小児科病院近くで爆弾が仕掛けられた車が爆発する映像を撮影したとして、関与を認めている。

Shabaka al-Iba’ al-Ikhbariya, December 4, 2018

AFP, December 4, 2018、ANHA, December 4, 2018、AP, December 4, 2018、al-Durar al-Shamiya, December 4, 2018、al-Hayat, December 5, 2018、Reuters, December 4, 2018、SANA, December 4, 2018、Shabaka Iba’ al-Ikhbariya, December 4, 2018、UPI, December 4, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク