トルコ占領下のアフリーン市(アレッポ県)にあるスルターン・ムハンマド・ファーティフ旅団の本部で爆弾が爆発(2018年12月21日)

アレッポ県では、ANHA(12月21日付)によると、トルコの占領下にあるアフリーン市内のマアッラータ村に向かう街道沿いにあるスルターン・ムハンマド・ファーティフ旅団の本部で爆弾が爆発した。

また「アフリーン解放軍団」を名のる武装勢力が声明を出し、18日にシャッラー村とクーバラ村の間に位置するトルコ軍の拠点を攻撃し、兵士1人を殺害し、6人を負傷させたと発表した。

ANHA, December 21, 2018

AFP, December 21, 2018、ANHA, December 21, 2018、AP, December 21, 2018、al-Durar al-Shamiya, December 21, 2018、al-Hayat, December 22, 2018、Reuters, December 21, 2018、SANA, December 21, 2018、UPI, December 21, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク