東グータ地方のカフルバトナー町でアサド政権を批判する落書きが発見される(2019年4月10日)

ダマスカス郊外県では、レバノン日刊紙『ムドゥン』(4月10日付)によると、東グータ地方のカフルバトナー町で2日前にアサド政権を批判する落書きが発見され、軍事治安局や共和国護衛隊が同地に増派され、厳戒態勢が敷かれた。

目撃者らによると、カフルバトナー町の壁には「自由シリア軍がやって来る」、「アサドは倒れる」、「自由を永久に」、「軍事治安局は倒れる」、「革命は続く」、「恣意的逮捕反対」などと書かれていたという。

AFP, April 10, 2019、ANHA, April 10, 2019、AP, April 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, April 10, 2019、al-Hayat, April 11, 2019、al-Mudun, April 10, 2019、Reuters, April 10, 2019、SANA, April 10, 2019、UPI, April 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク