北・東シリア自治局の支配下にあるラッカ市内2カ所で爆弾が相次いで爆発(2019年5月25日)

ラッカ県では、ANHA(5月25日付)によると、北・東シリア自治局の支配下にあるラッカ市中心街にあるマシュハダーニー病院近くと市西部のジャズラ通りに仕掛けられていた爆弾が相次いで爆発し、住民1人が負傷した。

**

スプートニク・ニュース(5月26日付)によると、爆発は人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍のパトロール部隊を狙ったもので、複数の隊員が死傷したという。

AFP, May 25, 2019、ANHA, May 25, 2019、AP, May 25, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 25, 2019、al-Hayat, May 26, 2019、Reuters, May 25, 2019、SANA, May 25, 2019、SOHR, May 25, 2019、Sputnik News, May 25, 2019、UPI, May 25, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 北・東シリア自治局の支配下にあるラッカ市内2カ所で爆弾が相次いで爆発(2019年5月25日)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Delicious にシェア
Digg にシェア
Facebook にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
email this
LINEで送る
Pocket

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク