アフリーン解放軍団がトルコ占領下のアレッポ県北部各所で反体制派を攻撃(2019年7月4日)

アレッポ県では、アフリーン解放軍団が声明を出し、7月3日にトルコ占領下のバーブ市近郊のダーギルバーシュ村にあるハムダ師団の拠点、アフリーン郡のブルブル町とマイダーニカ村を結ぶ街道を走行中のスルターン・ムラード師団の車列、マーリア市近郊にある特殊任務群の拠点を攻撃し、戦闘員多数を殺害、武器弾薬などを捕獲したと発表した。

ANHA(7月4日付)が伝えた。

**

ラッカ県では、ANHA(7月4日付)によると、北・東シリア自治局(タブカ民政評議会)の支配下にあるタブカ市のアフダーン交差点近くの道路に仕掛けられていた爆弾が爆発し、通行人2人が負傷した。

AFP, July 4, 2019、ANHA, July 4, 2019、AP, July 4, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 4, 2019、al-Hayat, July 5, 2019、Reuters, July 4, 2019、SANA, July 4, 2019、SOHR, July 4, 2019、UPI, July 4, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク