トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊を砲撃(2019年7月21日)

アレッポ県では、ANHA(7月21日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のスーガーニカ村を砲撃した。

一方、アフリーン解放軍団は声明を出し、トルコとその支援を受ける反体制武装集団による20日のマルアナーズ村、マーリキーヤ村、シャワーリガ村への砲撃に応戦、マルアナーズ村一帯に侵攻しようとした反体制武装集団を撃退、北部戦線、シャーム戦線の戦闘員5人を殺害、6人を負傷させたと発表した。

**

ハサカ県では、ANHA(7月21日付)によると、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるハサカ市のグワイラーン地区でオートバイに仕掛けられた爆弾が爆発した。

AFP, July 21, 2019、ANHA, July 21, 2019、AP, July 21, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 21, 2019、Reuters, July 21, 2019、SANA, July 21, 2019、SOHR, July 21, 2019、UPI, July 21, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク