トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊を砲撃(2019年8月11日)

アレッポ県では、ANHA(8月11日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のシャワーリガ村を砲撃した。

一方、アフリーン解放軍団は声明を出し、シーラーワー村近郊のキーマール村にあるトルコ軍の車輌や拠点を攻撃し、トルコ軍兵士7人を殺害したと発表した。

**

ユーフラテス・ポスト(8月11日付)は、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がハサカ県ラアス・アイン市一帯およびラッカ県タッル・アブヤド市一帯の国境地帯にトンネルや塹壕などを建設し、トルコ軍の進軍に備えていると伝え、その画像を紹介した。

AFP, August 11, 2019、ANHA, August 11, 2019、AP, August 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 11, 2019、Euphrates Post, August 11, 2019、Reuters, August 11, 2019、SANA, August 11, 2019、SOHR, August 11, 2019、UPI, August 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク