ラッカ市、カーミシュリー市で北・東シリア自治局の治安部隊を狙った爆破事件が発生する一方、ラッカ県のシリア軍を拠点をダーイシュが襲撃(2019年8月18日)

ラッカ県では、「ラッカは沈黙のうちに惨殺される」(8月18日付)によると、北・東シリア自治局傘下のラッカ民政評議会所属の総合治安部隊のハファール・ジャマール司令官が乗った車が、ラッカ市内で何者かの襲撃を受け、ジャマール司令官が死亡、随行していた4人が負傷した。

**

ラッカ県では、ジュルフ・ニュース(8月18日付)によると、県東部の砂漠地帯に設置されたシリア軍拠点2カ所が、ダーイシュ(イスラーム国)の襲撃を受け、兵士5人が死亡、数十人が負傷した。

**

ハサカ県では、SANA(8月18日付)によると、北・東シリア自治局とシリア政府が共同統治するカーミシュリー市のアルバウィーヤ地区で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、住民多数が負傷した。

ドゥラル・シャーミーヤ(8月18日付)によると、爆発はアルバウィーヤ地区の男子工業学校近くに設置されている北・東シリア自治局のアサーイシュの検問所を狙ったもので、隊員1人が死亡、複数が負傷した。

AFP, August 18, 2019、ANHA, August 18, 2019、AP, August 18, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 18, 2019、Jurf News, August 18, 2019、Raqqa-sl, August 18, 2019、Reuters, August 18, 2019、SANA, August 18, 2019、SOHR, August 18, 2019、UPI, August 18, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.