YPG主体のシリア民主軍は米軍の支援を受けダイル・ザウル県、ハサカ県各所で住民多数を拘束、ハサカ県ではシリア民主軍に抗議するデモ発生(2019年9月10日)

ダイル・ザウル県では、SANA(9月10日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍のパトロール部隊が、県東部のアブー・ハルドゥーブ村に突入し、民家4棟を破壊、住民多数を拉致連行した。

シリア民主軍の突入に際して、米主導の有志連合が航空支援を行った。

また、米軍ヘリコプター複数機が県北部のアズバ村に空挺部隊を降下させ、住民多数を拉致、連行した。

シリア民主軍はこうした攻撃がダーイシュ(イスラーム国)のスリーパー・セルを摘発するためだとしている。

また、ハーブール(9月10日付)によると、有志連合の航空支援を受けたシリア民主軍の部隊は9日晩、ウマル油田からブサイラ市にも進軍、同市を包囲して強制捜査を行い、ダーイシュ(イスラーム国)のメンバーだとして住民多数を連行した。

**

ハサカ県では、ハーブール(9月10日付)によると、シリア民主軍はシャッダーディー市で若者多数を徴兵目的で拘束した。

**

ハサカ県では、ハーブール(9月10日付)、SANA(9月10日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、県南部のサブア・ワ・アルバイーン町内の羊市場を、認可を受けていないとの理由で強制撤去したのに抗議するかたちで、デモが発生し、ハサカ市やダイル・ザウル県にいたる街道を封鎖した。

市場の撤去は、反アラブ感情が強いことで知られる「ブロクサル」と呼ばれるクルディスタン労働者党の幹部が指揮し、テント300張以上、商店複数軒、薬局2軒が重機で破壊されたという。

AFP, September 10, 2019、ANHA, September 10, 2019、AP, September 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, September 10, 2019、al-Khabur, September 10, 2019、Reuters, September 10, 2019、SANA, September 10, 2019、SOHR, September 10, 2019、UPI, September 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク