シリア軍はダーイシュが依然支配するダイル・ザウル市ハウィーカ地区、ジャフラ村への包囲を強める一方、ヒムス県東部の複数カ村を解放(2017年9月13日)

ダイル・ザウル県では、SANA(9月13日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市南東部でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦を継続し、ダイル・ザウル航空基地、第137連隊基地の安全確保に務める一方、ジュナイナ村、ハトラ村、マリーイーヤ村、ブガイリーヤ村のダーイシュ拠点を空爆した。

『ハヤート』(9月14日付)によると、シリア軍はまた、ダーイシュ(イスラーム国)が依然支配するダイル・ザウル市内のハウィーカ地区ハウィーカ地区、ジャフラ村(ダイル・ザウル市北東に位置)各所でダーイシュと交戦、ユーフラテス川右岸一帯を空爆した。

SANA, September 13, 2017

**

ヒムス県では、SANA(9月13日付)によると、シリア軍が予備部隊とともに県東部でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦を継続し、ウンク・ハワー村、ウンム・タバービーン村、ハーン村、ジュッブ・ジャッラーフ村一帯の丘陵地帯、ウンム・ラジャム村、ニザール農場、シュライラート村、アムーディーヤ村、ハウィーヤ村、ラスム・サワーナ村、飼料センターを制圧した。

AFP, September 13, 2017、ANHA, September 13, 2017、AP, September 13, 2017、ARA News, September 13, 2017、Champress, September 13, 2017、al-Hayat, September 14, 2017、Kull-na Shuraka’, September 13, 2017、al-Mada Press, September 13, 2017、Naharnet, September 13, 2017、NNA, September 13, 2017、Reuters, September 13, 2017、SANA, September 13, 2017、UPI, September 13, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク