反体制武装集団は首都ダマスカスの変電所を砲撃(2018年2月10日)

ダマスカス県では、SANA(2月10日付)によると、ダマスカス郊外県東グータ地方で活動を続ける反体制武装集団がウマウィーイーン広場一帯を砲撃し、変電所が被弾、火災が発生した。

SANA, February 10, 2018

**

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月10日付)によると、シャーム解放機構がウンム・ハラーヒール村でシリア軍と交戦した。

**

ラタキア県では、SANA(2月10日付)によると、シリア軍がキンサッバー町東のハッダーダ丘で反体制武装集団と交戦した。

AFP, February 10, 2018、ANHA, February 10, 2018、AP, February 10, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 10, 2018、al-Hayat, February 11, 2018、Reuters, February 10, 2018、SANA, February 10, 2018、UPI, February 10, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク